1/28  ビビるな出せ出せ!

「頑張れ」って言葉を使いそうになってやめる時がある。

状況もそうだけど、人を見て選ぶ。
この人にとって、「頑張れ」って言葉は負担になるんじゃないかな…と思う時、
「頑張りすぎないで頑張って」とか
「楽しんで頑張って」とかよく言う。

無理はしてほしくないのだ。

でも、だからと言って何も言わないのは、伝えることをサボっていると思う。
気を付けないと、すぐ黙ってしまう。
表現者のクセに。

なんて言ったらいいか分からないときは
「なんて言ったらいいか分からないけど、応援してる」と言えばいいのだ。
その人を喜ばせたいと思うなら
「どう言われたら嬉しい?」と聞くのもアリだと思う。

そうすれば、言われた方は“自分の事を考えてくれてたんだ”ということが分かる。
私だったらそれだけでとてもとても嬉しい。

考えているかもしれないけど、“何も言わない”と言うことは
“何も考えてない”と同じだと思う。
実際は違うけど、言葉にしなきゃ意味がない。
行動しなきゃ意味がない。

出してみて、誰かを傷つけてしまったら、あやまればいい。
人を傷つけてしまうということを覚えて、人を喜ばすことに一生懸命になればいい。
傷つけるつもりはなく、思いやりがあることを一生懸命伝えればいい。

言葉にしてみると良く分かる。
自分が心からそう思っている事と、心のどこかで違うんじゃないかと思っている事。

人と話す。
人に言葉を出してみるということは
自分と向き合う大チャンス。

一人でモンモンと考えるよりは、絶対絶対出すべきだと思う。
何でもいいから出すべきだと思う。
「何もでてこねーよ」ということを言ってみるべきだと思う。



タイミングを逃した?
んなもん自分で作れ!



あ。
言っときますけど、誰かに言ってるようで、こうして自分に話しかけてます。









↓とにかく押してみるべきだと思う
にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ
[PR]
by kiko-menu | 2009-01-29 16:48 | 花丸ぴくちゃー