9/30 avexの皆様、私が起子ですこんにちは

本を手に取る時、とても貴重な瞬間のような気がする。
そこに書かれているたった一言でも、人生を変えることがある気がするから。

小室さんの本「罪と音楽」に出逢い、一気に読んだ。
音楽家としてもとても興味があったし、
今とても頑張っているのを自分の励みにしたかったんす。


すごかった。
夢中で読んだ。
言っている意味がほとんど理解できた。
というか、こんな話、相方としかできないだろうなという
小室さんの表現を借りると「降ってくる」感覚に感動した。

自分の場合、“言葉”が降ってくる。
相方の場合、“音楽”が降ってくる。

自分の意思とは関係のないところで、説明のつかない脳にふと降ってくるもの。
まれに自分にも相方にも言葉と音楽両方降って来る時もあるが、大抵役割が出来ている気がする。

なんだか自分のことを天才と思いこんでる自意識過剰にも思われそうだけど、
まあそれでもいいかと、こうやって書いてみた。
小室さんがいうように、売れてきたらアンチと戦う使命もありそうだし。


もちろん、例の事件にも触れている。
周りの愛情で、心から反省できることのできたきっかけならば、
とても意味のあることだったんだと、実感した。
小室さんにとっても、読んだ自分にとっても。


小室さんがもう一度ヒット曲を出す時代がきそうだ!
負けてられない。
本人に、あの本を読んでとても刺激になったことを伝えてやる。

そして高校時代、まんまと小室戦略にはまり、
カラオケはglobeばっかり歌ってたことを
本人に伝えようと思う。
f0170448_1312041.jpg










↓天才コンビ“ヒミツキチ”を信じて押す
にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ
[PR]
by kiko-menu | 2009-10-01 01:39 | 花丸ぴくちゃー