10/30 師匠のアタマを叩いた一歩

終わりました。ライブ。10月30日の。
恒例の裏話をヒミブロでお楽しみください♪

本当に感謝の言葉はいくら言っても足りないものでして。
早く売れたいなぁと強く思うばかりです。
できることからやってきます。

できることがなんだか分からないと苦労するもんで。
こうやって明確に見えてくる前は、いっちょまえに悩んだりしたものです。

念願だったはずのラジオDJ事務所に所属した頃の話。
といっても、サニーサイドという分類のまだまだ勉強の場が多いところでして。
週一回の授業の他に、オーディションやお仕事がポツポツ。

食えないし、急遽で日程決まるし当時はこりゃ大変だなと思ってましたが、
フリーでやってる今、事務所というところはなんて恵まれてた環境なんだ!
と実感しています。
制作から営業からホントにありがたかったんですよね。

反省して思い返すことがまだまだあります。

色々教えてくれた社長や先輩の言葉が今になってわかります。
わかっていて行動に移せなかったのは「DJじゃなかった」からなんですが、
それがちゃんとわかるまで戦いました。自分自身と。

今はヒミキチで売れて、何かの形で恩返しする気マンマンですけどね、
実際まだ売れてないわけじゃないですか。

だからその負い目と。
昔の劣等感が作った「自分はダメなんじゃないか」というイメージ。

これを脱出したくて、授業の講師であり、DJの先輩でもある方を
今回のライブにお呼びしまして、来てもらえました。
前から呼んではいたのですが、忙しい方なので念願叶ってようやく。

タイミング的にも今でよかったです。きっと。
ようやく誰に見られても胸をはれるさ!と思えてきたヒミキチライブ。
その先輩が来たからって、縮こまるのがとても恐かったので、
先に攻撃しときました。

つまり今回コントでオープニングだったんですが、
ピコピコハンマーで一番に殴らせていただきました。

知ってる人がみたら、オマエ大先輩になんてことを!
と怒られる話ですが、自分の中でそれが殻を破る一歩だったので。

それからはもう、そりゃー自由に。
“恋の科学”の歌詞「間違ってもいい、格好悪くてもいい」
という言葉をちゃんと心から歌えました。


その先輩に頂いた感想は
「すごく安心した。とても嬉しかった」でした。

涙でちゃいますよ。

いやー。
大きい一歩だったな。
また頑張ります!

出逢えた全ての人が私の宝物です。









↓押すとお宝が見つかる
にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ
[PR]
by kiko-menu | 2009-11-01 04:54 | 花丸ぴくちゃー