11/22 世界のマイケルにもの申す

※「THIS IS IT」ちょとだけネタバレ注意です

オイラの周りはものすごい評判良くて、
表現者だったら絶対観るべきなんて言われたら、
いくで、いくよぉ。

そりゃやっぱ観て良かったです。
完璧主義のマイケルの裏側ですからね。
興味ありますよ。
マイケルが生きていたら一生観ることができなかったかもしれないトコですし。
世界のエンターテイメントがどうやって作られていくかをみれるわけです。

確かに。
確かに素晴らしいパフォーマーだと思います。
“魅せる”ということをとことん究めた人だと思います。
リハーサルを観てしまうと、ものすごい悔やむ気持ちになります。
大好きな“I'll Be There”が流れた時にゃ、心臓がギュゥってなりました。

しかーし!マイケルが言った言葉をもらって反論した自分もいました。
ココがはっきりしたことによって、自分のしたいこともはっきりしました。

「お客さんは辛い現実を忘れに夢を観に来てる」

マイケルはこのような事を言ってました。
うん。夢を売る商売と言われている位ですから。
言っていることはわかります。
オイラだってディズニーランドの帰りに「明日仕事ヤだな」といつも思ってました。

でもね。
『夢は現実になるよ』ということがオイラの証明したいことです。
だから作り上げるエンターテイメントを、夢の世界でなく、
現実に誰でもできる事だと思ってるし、
自分のエンタメを観てもらって、おもしれーなオイオイ。なんか自分もやりてーな!
そう思ってもらえたら嬉しいのです。

雲の上の存在なんて、誰もいないと思ってます。
努力すれば誰でも雲の上にいけるはずです。
ほんの一握りなんてよく言うけど、ほんの一握りの特別な存在ではなく、
ほんの一握りのあきらめず努力を続けた人達なんだと思います。

ということは。
自分もマイケルに並ぶエンターテイメントが作れると思ってます。

馬鹿ですよねー。
でも馬鹿じゃないと頑張り続けられないと思うのです。


貧乏だしライブだってお金払ってやってる身な
今の自分が夢を叶えることによって、
ホントに頑張れば夢は叶うんだって証明しますよ。
今のヒミツキチを生で観れることに価値をつけます。絶対。

そんで、現実も夢も変わらない世界なんだって
マイケルの映画観て、自分のやりたいことが加速されたんだって
超かっこよく言ってやります。









↓前の日の日記からどんだけマイケル観てんだ?と思っても押す
にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ
[PR]
by kiko-menu | 2009-11-23 02:34 | 花丸ぴくちゃー